2019年度 現在までの収支は -2.6万円【詳細】⇒

Step2/4:カラフルボックスで独自ドメインを取得する

②blog&siteの公開手順
この記事は約5分で読めます。

独自ドメインを取得すると、自分の好きなURLを利用できます。独自ドメインを使用することで、ブログやサイトに必要な費用をかけているという真剣さのアピールと信頼度UP効果を生み出せます。

リュウジ
リュウジ

レンタルサーバーの契約が無事できましたが、次は何をすればよいですか?

テリオス
テリオス

自分で名前を付けられる”独自ドメイン”というものを取得します。

この記事を読んでわかること
  • カラフルボックスでの独自ドメインの取得手順
  • 独自ドメインの具体的な料金
< スポンサーリンク >

(独自)ドメインとは一体何を表すもの?

テリオス
テリオス

ドメインとは、簡単に言うと、ネット上の住所のようなものです。住所なので、ネット上に同じものは存在できません。

そして、独自ドメインとはURLの://以降を自分の好きなように設定できるサービスです。

例えば、次のような赤字の部分を好きなように決めることができます。

 例) https://netbusiness-course.com

独自ドメインのメリット

独自ドメインにするメリットで一番大きいのは、より検索されやすいということです。

ブログやサイトは、Googleなどの検索エンジンにいかに拾い上げてもらうかが、重要かつ収益の分岐点になります。

検索エンジンは、サーバーとドメインを参照し、利用者が入力したキーワードに合致したブログ・サイトを表示します。

このとき、同じドメインで似た内容を含むブログ・サイトが複数あると、検索エンジンが「良質」と判断したもののみを検索結果として表示し、それ以外は表示されないことがあります。

例えば、 無料のブログサービスで付与される URLhttp://livedoor.jp/◆◆/ の内、◆◆の部分は自由に設定できますが、その前の部分は固定です。

そのため、他のブログ・サイトとの競合により、自分のブログ・サイトが検索結果に表示されにくくなってしまう場合があるので、(上の例の livedoor.jp の部分を自由に設定できる)独自ドメインの利用がおススメなのです。

< スポンサーリンク >

独自ドメイン名を考える

独自ドメイン名は、記事を読む人が覚えやすいよう完結明瞭で、ブログ・サイトの内容を表すような名前が良いと言われています。

本講座の場合は、ネットビジネス講座 ⇒ netbusiness-course としています。 

ただし、せっかく良いドメイン名を思いついても、ネット上の住所なので同じドメインは使えません。

誰かが先に使っていたら、別のドメイン名を考えなければいけません。

そういう意味で独自ドメインの取得は早い者勝ち競争なのです。

< スポンサーリンク >

独自ドメイン名はカラフルボックスで取得できる

本講座では、カラフルボックスで netbusiness-course.com というドメインを取得するまでの流れで解説していきます。

カラフルボックスのトップページにアクセスし、右上のログインをクリックしてマイページに入ります。

カラフルボックスのトップページ

ドメイン契約手順①:希望の独自ドメインを検索する

ログインできたら、上部にあるメニューから「ドメイン⇒ドメイン登録」とたどり、ドメイン登録をクリックします。

カラフルボックスのドメインメニュー

ドメイン購入画面になるので、希望するドメイン名を入力して検索をクリックします。

例えば「netbusiness-course.com」を希望する場合、.comは入れずに「 netbusiness-course 」だけで入力して検索します。

カラフルボックスのドメイン検索画面

取得可能なドメインが表示されるので、欲しいドメインのカートに追加をクリックします。(※すでに他の人に使用されているものは取得できないので、別のドメインにする必要があります。)

カラフルボックスのドメイン検索結果画面

ドメイン契約手順②:独自ドメインを購入する

するとボタンが「購入」に切り替わるので、購入をクリックします。

カラフルボックスのドメイン検索結果画面

次に、ドメインの設定・構成を行います。ここでは「whois情報公開代行」にチェックを入れます(無料で登録できるので、チェックを入れましょう!)。

whois情報とは?

whois情報とは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報(名前や住所など)を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスのことです。

リュウジ
リュウジ

思いっきり個人情報ですね。

テリオス
テリオス

そうです。だから 代行にしないと、ネット上にドメインの所有者として自分の個人情報が公開されることになります。公開代行をすれば、自分の情報の代わりに契約する会社の情報が公開されます。

ネームサーバーは、カラフルボックスのサーバーを使用する場合はこのままでOKです。よければ次へをクリックします。

カラフルボックスでのドメイン設定・構成

注文内容が正しいかを確認したら、右側のお申込み内容の確認をクリックします。

カラフルボックスのカートの確認

すでに会員登録をしていても、(whios情報として)ドメイン登録者情報を入力する必要があります。すべてローマ字で入力します。

なお、住所は郵便番号を入力すると自動でローマ字表記で反映されますので、不足分を入力するだけです。

カラフルボックスでのお申込み内容の確認

最後に支払い方法を選択します。

テリオス
テリオス

銀行振込を選択すると、カラフルボックス側で入金確認ができるまでドメインを取得できません。すぐ使いたい場合は、クレジットカードでの支払いだとすぐ反映されます。

利用規約を確認し、よければチェックを入れて注文を確定するをクリックします。

カラフルボックスでのドメインの支払い

これで独自ドメインの注文が完了しました。

なお、独自ドメイン購入の場合は、サーバー契約で行った請求書からの支払い処理は無く、これで完結(支払い完了)となります。

カラフルボックスでのドメイン注文の確認

ドメイン契約手順③:メール認証(初回独自ドメイン購入時のみ)

注文が完了すると、以下のようなメールが5通届きます。

このメールの中から、『【重要】[バリュードメイン]ドメイン情報認証のお願い』というメールを開きます。

カラフルボックスで初めてドメインを購入した時のメール認証

メール文中にあるURLをクリックします。

カラフルボックスでのドメイン情報認証

URLをクリック後、以下のような画面になれば完了です。

カラフルボックスでのメールアドレス有効性認証フォーム

マイページの(ドメインをクリックして開く)登録済みドメイン画面でも、情報が表示されています。

カラフルボックスの登録済みドメイン

以上で、独自ドメインの取得(契約)が完了しました。

次に、レンタルサーバー(土地)と独自ドメイン(住所)を紐づけてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました