2019年度 現在までの収支は -2.6万円【詳細】⇒

Step4/4:WordPressをレンタルサーバーに導入する

②blog&siteの公開手順
この記事は約4分で読めます。

レンタルサーバー(土地)と独自ドメイン(住所)の紐付けも完了したので、WordPress(店)をインストールします。この工程が終わると、ブログ・サイトをいよいよネット上に公開することができますので、頑張っていきましょう!

リュウジ
リュウジ

いよいよ最終段階ですね。WordPressの導入方法について教えてください。

テリオス
テリオス

他のレンタルサーバーと違って、非常にわかりやすいですよ。

この記事を読んでわかること
  • SSL化も同時に行えるWordPressの導入について理解を深められる

WordPressのインストール

後で必要になってくるので、あらかじめWordPressでのサイト名、サイト説明、管理者アカウントのユーザー名・パスワード・Eメールを決めておきます。

なお、サイト名とサイト説明については、後からでも修正が可能です。

まずはWordPressのインストールを行うため、カラフルボックスのトップページにアクセスし、右上のログインをクリックしてマイページに入ります。

カラフルボックスのトップページ

cPanelにログイン

マイページの「サービス」から購入済みサーバーをクリックします。

カラフルボックスのサーバーを選択

一覧の中から、WordPressをインストールするサーバーアカウントの上をクリックします。

カラフルボックスの購入済みサービス

左側にあるcPanelにログインをクリックします。

cPパネルのログイン画面

WordPressをインストールする

ログイン後、画面を下にスクロールしていくと「Web Applications」の項目があるので、その中のWordPressをクリックします。

cPanelのWebApplications画面

WordPressのインストール画面になるので、右上の+このアプリケーションをインストールをクリックします。

WordPressのインストール

ここで、インストールのための情報を順番に入力していきます。

  1. ドメイン:「https://ドメイン名」(wwwが付いていない方を)を選択します。
  2. ディレクトリ:空欄のままでOKです。
  3. そのままでOKです。
  4. 管理者ユーザー名:任意のユーザー名を決めます。
  5. 管理者パスワード:任意のパスワードを決めます。
  6. 管理者の電子メール:WordPressからのメールを受け取るメールアドレスを入力します。
  7. ウェブサイトのタイトル:これから作るサイトのタイトル(名前)を入力します。
  8. ウェブサイトのタグライン:サイトの説明を簡単にを入力します。

全て入力が終わったら、右下のインストールをクリックします。

WordPressのインストールが開始します。

WordPressのインストール
WordPressのインストール

少し経つとWordPressのインストールが完了します。

WordPressのインストール

インストールが完了すると、カラフルボックスから「[Installatron] WordPress設置」というタイトルのメールが来ます。

このメールに「サイトURL」と「管理画面ログインURL」が載っているので大切に保管しておきましょう。

WordPressのインストール完了メール

メールが届いたら、自分が登録したドメインのURLにアクセスし、ブログ・サイトが表示されるか確認しましょう。

WordPressのインストール完了メール

このような画面が表示されたら、WordPressサイトの開設が完了です!

ブログ・サイトの初表示

WordPressインストール後の最終確認

先ほどのメールに記載されているWordPressの管理画面ログインURLをクリックし、WordPressログインします。

WordPressログイン画面

ログイン後、左側にあるメニューのうち、「設定」⇒「一般」をクリックします。

WordPressダッシュボード画面

WordPressアドレスとサイトアドレスが、正しく表記されているかを確認します。

WordPressアドレスとサイトアドレス

以上で、自分だけの専用ブログ・サイト環境が整いました。

パーマリンクの設定

パーマリンクとは、各記事のURLの事を言います。

この設定は途中で変更するとSEO的にまずい事になるので、必ず初期段階でやっておきましょう。

ダッシュボードから左下の「設定」→「パーマリンク設定」へと進みます。

パーマリンク設定

投稿名を選択し、【変更を保存】をクリックします。

パーマリンク設定

これで完了です。

補足(タイムゾーンの設定)

普通にWordPressをインストールすると、タイムゾーンは東京になっていると思います。


テリオスの場合、操作を誤ったのかしばらく世界標準時のままでした。これで何の不都合が出るかと言うと、プラグインツールの表示時間が日本時間でなくなります。

具体的には夜中の3時にアクセスが多いなあと思ったら、実際は日本時間午前12時だった、ということがありました。原因がタイムゾーンの設定誤りだったことに気づくまで結構ハマってしまいましたので、導入直後の確認を強くおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました